今使ってるシャンプー、ほんとに合ってますか?

今、世の中では、いろんなタイプのシャンプーが売られていますよね。

 

アミノ酸系だったり、スカルプタイプだったり、オイルタイプだったり…。

 

あげればキリがありません。

 

正直種類が多すぎてワケがわからず

 

 

どうせどれを使っても一緒でしょ。


 

なんて言いながら適当に選んだり、ボトルがかわいいからと言ってジャケ買いしてる方

 

結構いらっしゃるのではないでしょうか。

 

その考え

 

 

非常に残念です!

 

 

というか、ある意味危険です!

 

自分に合うのかどうか考えず、適当に選び、使い続けていると

 

取り返しがつかない未来へと繋がってしまいます。

 

この記事では、目的別、問題別に分けて

 

シャンプー選びに失敗しない為のアドバイスを書いていきます。

【状態別】シャンプーの選び方|軽視してると後悔しますよ!

ここでは、状態別でのシャンプーの選び方をお教えします。

 

あなたの髪と頭皮の状態に応じて使うべきシャンプーが違ってきます。

 

 

脂性肌の場合

 

これに該当するのは以下のような状態の人達です。

  • 頭皮が脂っこい
  • 髪の毛がべたつきやすい
  • 何もつけてないのに髪がテカっている

これに該当する場合、真っ先に思いつくのが

 

洗浄力が強いシャンプー

 

でしょう。

 

たしかにス○○プDのストロングタイプなんかはべたつきが気になる人には持って来いだと思われます。

 

しかしながら、注意も必要です。

 

この手のシャンプーは洗浄力が強いあまり

 

頭皮に負担を与える可能性も秘めています。

 

万が一、あなたの頭皮が湿疹やアトピーになりやすい体質であれば注意が必要です。

 

硫酸系の成分やアルコール成分、防腐剤などが入ってる場合悪化させてしまう恐れもあるのです。

 

また、指通りもあまりよくなくごわつきが目立ちます。

 

 

改善策

 

スカルプタイプを選択されてまず間違いはないのですが使われてる成分には気を使いましょう。

 

選ぶポイントは

  • 硫酸系物質フリー
  • アルコール系物質フリー
  • 添加物フリー

である事です。

 

おすすめで言うとウーマシャンプープレミアムが無添加で評価が高いです。

 

また、ごわつき防止のためにトリートメントを使いましょう。

 

つける時は髪を無理に引っ張らず、優しく揉みこむようにしてください。

 

 

 

乾燥肌の場合

 

これに該当するのは以下のような人達です。

  • フケが粉っぽい
  • かゆみが出やすい
  • 髪に潤いを感じない
  • パサつきやすい

 

これらの問題を抱えてる人達は

 

とにかく乾燥によるフケとかゆみをどうにかしたい

 

わけですよね。

 

しかしながら自分が乾燥肌だと気づかずに市販で売られてる安価のシャンプーを使った結果

 

フケ・かゆみが酷くなり炎症を引き起こす可能性もあるのです。

 

また、スカルプタイプを選ぶ場合「乾燥肌用」と書かれている物を使うとしても注意が必要です。

 

いくら乾燥肌向けにつくられてるシャンプーだとしてもやはりものによっては炎症に繋がる可能性を高めてしまいます。

 

 

改善策

洗浄効果のある物を選びたいのなら以下の事を気を付けるといいでしょう。

 

  • 天然由来の成分使用
  • アミノ酸
  • 美容液成分配合

 

おすすめとしてはすこやか地肌シャンプードットエヌシャンプーなどが注目されてます。