抜け毛を減らすシャンプーの仕方

私が現場で必ず聞くのがシャンプーするたびに髪が抜けるといった悩みです。

 

確かに洗ってる時にごっそりと髪が抜けてしまうと心配になりますよね。

 

しかし、シャンプーの時の抜け毛というのは洗い方次第で減らす事もできるんです。

 

この記事ではシャンプー時の抜け毛に悩みを抱えたあなたにむけて

 

抜け毛を抑える地肌をいたわるシャンプーの仕方

 

を解説していきたいと思います。

 

この記事の項目をご覧いただくことで、あなたは抜け毛を減らす為のコツを習得することができます

 

抜け毛を抑えるシャンプーの手順

手順は以下の通りです。

  1. 髪を優しくブラッシングする
  2. 全体をまんべんなくすすぐ
  3. シャンプーを手のひらに1〜2プッシュ出してしっかり泡だてる
  4. 全体に泡をつけたら後頭部〜前頭部の順で洗う
  5. 全体の泡を落としきるまでしっカリとすすぐ

順に解説していきます。

 

髪を優しくブラッシングする

 

洗う前は必ずブラッシングを行います。

 

その理由は髪についた余分な汚れやほこりを落とす事でシャンプーする際に汚れが落ちやすくなるから。

 

人間の頭皮から出た脂に汚れやほこりが付着し雑菌も繁殖します。

 

丁寧にブラッシングしておく事で、シャンプーの洗浄効果に繋がるのです。

 

ポイントはつむじがある頭頂部から放射線状に梳かす事

 

こうすることで無駄に髪を引っ張ることなく自然とけるので抜け毛の心配はほぼありません。

 

髪を梳かす際にダメージ毛で引っ掛かりがある場合は、無理に梳かさず引っかかる毛束を持って毛先から少しずつ梳かしてください。

 

尚、髪を梳かす際に自然と抜けてくる髪の毛はほとんどが【後退期】つまり「生え変わる毛」であるため心配する必要はありません。

 

 

全体をまんべんなくすすぐ

 

最初のすすぎはムラがないようにまんべんなくすすぎます。

 

ムラがあるとどうしても泡立ちが悪くなってしまうのです。

 

ほとんどの方が「面倒だから」という理由でザっと流してシャンプーをベタずけしてしまいます。

 

これでは泡立ちが悪い上に汚れが落ちにくくなってしまいます。

 

最初のすすぎで汚れのおよそ8割は落ちるといわれてますが

 

まさにその通りです。

 

最初のすすぎはしっかりと行うことで泡立てがかなり楽になります。

 

ポイントは後頭部から前頭部にかけてしっかりと指を通しながらすすぐことです。

 

前頭部から洗う場合も後頭部にかけてしっかりとすすぎます。

 

 

シャンプーを泡立てる

 

シャンプーを手のひらに1〜2プッシュ出して泡立てます。

 

使用するシャンプーによっては泡立ちが良くないものもありますよね。

 

手で泡立てようとも「なかなか泡立たない」って方が多いと思います。

 

そんな時は洗顔の時に使う泡立てネットを使えば大丈夫。

 

洗顔クリームを泡立てる時と同じやり方で泡立てます。

 

ホイップクリームのようにしっかり泡立てたら完璧です!

 

 

泡を全体につけシャンプー

泡を髪全体につけたら洗っていきます。

 

この時、各部位で洗い方と力の加減を変えます!

 

詳しくは後程説明しますが、このやり方が抜け毛を減らす為に有効だと考えたからです。

 

ポイントはある部位は弱め、その他は普通に洗う事。

 

これによって無駄な抜け毛を抑えつつしっかりと洗う事が出来ます。

 

スタイリング剤を付けてるときは、一度のシャンプーじゃ落としきれないので、しっかりと二度洗いをします。

 

しっかりすすぐ

 

最後は全体の泡がきれいに流れてしまうまでしっかりとすすぎます。

 

適当にやってしまうと泡を落としきれずに雑菌が繁殖してしまったり毛穴に汚れが詰まる原因にもなりかねません。

 

後頭部〜前頭部にかけてしっかりと流していきます。

 

ポイントはガシガシと擦りすぎずに根元にお湯が直接行き届くようにシャワーをあてる事。

 

これによって頭皮を無駄に傷つけるリスクも減ります。

 

 

 

以上がシャンプーの基本的な手順となってます。

 

この後は髪を乾かしていくのですが、ここでも抜け毛を増やさないための重要なポイントがあります。

 

詳しくは抜け毛を増やさない髪の乾かし方(近日公開)で解説いたします。

 

 

 

抜け毛を減らすシャンプーの?秘訣

ここからはシャンプーをやるうえで抜け毛を減らす為にはある重要な秘訣をご紹介していきます。

 

頭皮は爪ではなく指の腹で洗う

 

最初の流しからシャンプー後のすすぎまでで共通して言える事なのですが。

 

それは爪を立てずに指の腹で洗うのが大事だという事です。

 

 

男性の方のみならず女性の方も意外と誤った洗い方をしてる人、多いんです。

 

爪をたてながらシャンプーをしてしまうと頭皮を傷つけてしまうだけでなく

 

抜けなくていい毛まで抜けてしまう原因となってしまいます。

 

指の腹で洗う事が大事なため、爪も短くしておく必要があります。

 

でも女性の場合はつけづめしてる方もいますよね?

 

そんな方はシャンプーブラシで丁寧に洗いましょう。

 

シャンプーブラシは極力ブラシの先端が丸い物を選びましょう。
先端が尖っていると頭皮を傷つける恐れがあります。

 

 

シャンプーはただ擦るだけでなくしっかりマッサージする

 

シャンプーは、ゴシゴシ擦ってハイ終わり…。

 

そんな方がどれだけいらっしゃるでしょうか。

 

残念ですが、それでは不十分です。

 

まず、シャンプーはシャカシャカ……と全体を優しく擦りながら頭皮の油汚れを浮かしていきます。

 

全体を洗ったらそのままマッサージをしていきましょう。

 

ボールを包み込むようなイメージで頭皮に触れたら、指のはらでもみほぐすようにマッサージします。

 

ポイントは頭皮をグイグイっと動かすようなイメージで行う事です。

 

これにより毛細血管の血行が促進されて、頭のコリをほぐしてくれます。

 

マッサージする際に、髪の根元を摩擦させるかのような仕方でやると、髪を引っ張ってしまい抜けなくていい髪の毛まで抜けてしまう恐れがあります。
しっかりと頭皮を動かすイメージで行ってください。

 

 

部位によって洗い方を変える

 

意外と知らない方も多いかと思いますが。

 

頭部は女性ホルモンと甲状腺ホルモンでできています。

 

額の生え際〜つむじの辺りまでが女性ホルモンであり、その他が甲状腺ホルモンです。

 

何故、各部位で違う洗い方をした方がいいのか。

 

理由は、額の生え際〜つむじ周りは男性ホルモンの影響で抜けやすくなってしまうからです。

 

男性のみならず、女性にとっても「薄毛」は深刻な問題ですが。

 

年齢を重ねるにつれて、男性ホルモンの影響を受けてしまいます。

 

つむじ下〜襟元〜側頭部は、上下に手を振りながら指のはらで洗っていき。

 

額の生え際〜つむじ周りは、小刻みにつまむイメージで洗っていきます。

 

元々、頭皮が固くて突っ張ってる人は感覚が直に伝わらず力んでしまいがちです。
しかし、髪が細くなってくると同時に抜けやすくなってきているので注意が必要です。
上記の洗い方に加えてマッサージを施すと良いと思います。

まとめ

いかがでしたか。

 

抜け毛を減らす第一歩は、シャンプーの仕方を見直す事からだと私は考えます。

 

日頃からの健康状態や遺伝的な物も関わってくると思いますが、髪や頭皮に触れる物事を意識するだけで変わります。

 

将来の自分の髪の為にも是非見直してみてくださいね。